突然のトイレ詰まりでお困りのときは

「用をすませて水を流したら、みるみる便器の水かさが上がって大慌て」という、いわゆるトイレ詰まりを経験したことがある人は、意外に多いのではないでしょうか。

つい焦って、勢いで流そうと水洗レバーを何度もひねってしまう人がいますが、それは逆効果です。

詰まったものが、ペーパーや便であれば、ラバーカップを用意し、ゴム部分で排水口をふさぐようにして、小刻みに上下に動かして十分に圧力を加えてから、勢いよく引き抜くという動作を何度か繰り返すことで、つまりの解消が期待できます。

しかし、ラバーカップが手元にない場合や、流したものがおもちゃやタワシなど、単純に圧力を加えても流れないものだった場合は、無理せず水道修理業者を呼びましょう。

例えば、福岡で水道修理業者を探したい場合は、水のトラブルに24時間365日対応可能な(株)日本水道修理センターがオススメです。

Comments are closed.